Muna子ども英会話サークル2月17日 – レポート

Kindergarten Kids Playing "Go Fish"
幼稚園クラス”Go Fish”で遊んでいる様子

Muna子ども英会話サークル

2019冬第5回目のMuna子ども英会話サークルを2月17日に行いました。小学生クラス、幼稚園クラス共に”Go Fish”で遊びました。また、小学生クラスの子どもたちは手品を覚え、幼稚園児クラスの子どもたちは同じ英語表現を使った別のゲームを楽しみました。

ハイライトビデオ
Go Fish

このクラシックなカードゲームはMuna子ども英会話サークル第1回目で行ったゲームです。その時にはゲームをシンプルにしてゲームを行いましたが、今回は正式なルールのフルバージョンで行いました。繰り返し英語を使いながら、戦略的な考えを鍛え、記憶力を高める素晴らしいゲームです。子どもたちの中には、よく戦略を考えながらゲームを楽しむ子もいて、驚かされました!

マジック: Pick a Card [小学生クラス]

久しぶりの手品タイムです。小学生クラスで”Pick a card”というクラシックな手品のトリックを紹介しました。この手品のトリックは他の手品でも使われる手品の基本的な手法です。子どもたちはペアになって練習し、ペアになって練習し、その後パパやママにそれを披露することができました!

Secret Partner [幼稚園児クラス]

幼稚園クラスでは”Go Fish”で使った英語を使いながら体を動かすゲームをしました。子どもたちはお友達と質問をし合って秘密のパートナーを探すというゲームです。ゲームを通し、英語を使いながらたくさんのお友達と話をすることができました。

親御さんプチ懇談会 [小学生クラス]

小学生コースで、英検と大学入試についてのお話をさせて頂きました。2020年の教育改革で大学入試に外部試験が導入されるようになります。その外部試験の一つとして英検があります。小さいうちから大学入試に有利になるように英検をと考える方もいるかもしれませんが、現時点では 大学を受験する当該年度に受検した資格・スコアのみが大学入試に使えます。もちろん英検にチャレンジすることはモチベーションに繋がりいいことですが、数年先の大学入試には利用できないことを覚えておいて頂きたいと思います。また、 大学入試に導入できる外部試験の条件として、4技能(書く、話す、聞く、読む)のスコアを図れる試験であることが大前提とされています。今の英検(公開会場試験)は筆記に合格しないと面接(スピーキングのスコアを図る)ができないので、 今後はコンピューターで4技能を全て図れる形のテスト(CBT)が主流になっていく可能性が高いといえるでしょう。日本の英語教育は大きな変革期にあります。Munaでは多くの情報を皆さんと共有していきたいと思います。


次の通常のMuna子ども英会話サークルは、3月3日(日)月見の里学遊館にて開催します!

  • 9:30 – 10:30 – 小学生クラス
  • 10:45 – 11:45 – 幼稚園児クラス

まだまだ新規メンバー様を大募集中です!ぜひMunaスタイルの英会話をご体験下さい!

お申込みはこちらから↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です